金沢の人妻デリヘル研究会

金沢の茶屋
金沢(かなざわ)は、石川県のほぼ中央に位置し、1996年に中核市として指定されました。人口は約46万人、市内には山も海もあり自然にとても恵まれています。

2015年3月14日に北陸新幹線が開通し、全国から観光で訪れる人が増えました。以前は東京から4時間かかっていましたが開通により2時間半で行くことが可能になりました。その注目度、知名度は開通前とは比になりませんが、より身近に金沢に足を運べるようになりました。

観光で訪れた際には「絶対に外すことはできない!」行くべき観光スポットも多く存在し、日本の三名園のひとつ「兼六園」、江戸時代にタイムスリップしたかのような気分にしてくれる「ひがし茶屋街」、かつての藩士が実際に住んでいた場所「武家屋敷跡」、美術館や、お寺、城跡まで、挙げればキリがありませんが、金沢が歩んできて歴史や、市の取り組みなどを感じ取ることができるのではないでしょうか。

金沢の名産でもある”金箔”は誰しもご存知だと思いますが、全国の総生産量のうち99%を占める独占的な産地でもあります。観光客の方向けに、金箔入り日本酒、お茶、化粧水から、料亭、旅館などでは料理にふりかけてあったりします。

そんな、金の茶室で有名な”秀吉”ばりに豪華な装飾を好む金沢市民ですが、男性であれば一度は妄想するのではないでしょうか?

そうです、人妻・熟女の女性に”金箔”をまぶして贅沢にプレイを満喫するということを!そんな夢のようなオプションが存在するデリヘルもあるとかないとか(笑)探せば金の壁のハコ型のお店もあるかもしれません!

金沢で名物のカレーをお腹いっぱい食べて人妻系デリヘルでも快感で満腹に。

金沢の人妻のデリヘル
金沢のデリヘルで味わった人妻の味、名物のカレーの味、どちらも忘れらないほど絶品!名物を食べる為に有名店『カレーのチャンピオン』へ。シルバーの器にたっぷりのカレー、大きなカツ、キャベツのつけ合わせがのっており、味もボリュームも最高!金沢カレーも人妻風俗もデリシャス!


ちょっとした野暮用で金沢へ行くことになった。金沢は初めてだが、俺にはどうしてもやっておかないといけないことがあった。それは名物のカレーを食べること。自他共に認めるカレー通の俺は用事を早々に済ませ、カレー屋へ。今回はこの名物の発祥地とも言われている『カレーのチャンピオン』に来た。有名な『ゴーゴーカレー』と迷ったが、チャンピオンにした。シルバーの器にカレー、カツ、キャベツがたっぷり盛られている。味は濃厚で超ウマイ!かなり好みの味だ。癖になる旨さ。恐るべし、金沢カレー!
大好きなカレーを食べるという欲求を満たした俺は、性的欲求も満たしたくなった。こんな時はデリヘル!それも人妻の風俗に限る。こってり濃厚なカレーを食べた後だからプレイはあっさり、さっぱりしたい…という人もいるかもしれないが、俺はその逆!こってりした後はプレイもこってり濃厚なものを求めてしまうのだ。ゆえに熟女風俗という訳である。しかし、俺にはカレー同様、こだわりがある。相手をしてもらう女性は爽やかで、さっぱりした癒し系の人妻と決めている。なぜなら、さっぱり系の清楚な淑女が実はベッドの上ではこってり濃厚!という方が味(プレイ)の濃さが際立つからだ。それをふまえて金沢の某デリヘルへ。そこでさっぱり系熟女をリクエストすると要望通りの女性が現れた。まずは第一条件クリア。問題はプレイだ。これでプレイがあっさりだとガッカリなのだが、彼女はやってくれた!想像を上回る淫乱っぷりで、コッテリ特濃なプレイを味わえた。
金沢で名物カレーも、人妻のデリヘルも、スパイシーで刺激的な体験ができた。